読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はこのへんで

エンジニアです。雑記がメインですがたまにプログラミング、スタートアップなどについて書く予定です。

2016年に読んでよかった本 - ビジネス書 -

暮らし

前回の 2016年の今年買ってよかったもの に引き続き読んでよかった本をご紹介します。ちょっと多すぎるのでエンタメ系は次回。

書籍

ビジネス書

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ファスト&スロー (下)

ファスト&スロー (下)

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル カーネマンの代表的著作です。人間の脳の仕組みがわかります。プライミング効果やアンカリング効果など、どこかで聞いたことのある話の根っこはここだったのか!と思わず膝を打ってしまう本でした。


究極の鍛錬

究極の鍛錬

究極の鍛錬(Deliberate Practice)について書かれた本です。研修の課題図書でした。過去の偉人も才能ではなく、鍛錬によって傑物となったんだよ、でもその鍛錬も意識するポイントを誤ると意味がなくなってしまうよ、ということを過去の事例を紐解きつつ教えてくれる本です。


イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

こちらも研修の課題図書でした。コンサルティングファームの仕事の仕方を学ぶのに良い本です。タイトルの通り、本質的なことだけをやりましょう、という本です。その”本質的なこと(イシュー)”の見つけ方や最終的なストーリーの組み立て方についても言及されています。


決定版 ベンチャーキャピタリストの実務

決定版 ベンチャーキャピタリストの実務

著者の長谷川さんが、日本のベンチャーキャピタルへのアンケートとインタビューを通して得た知見をまとめた本です。データとエピソードを交えて、日本のVCについて非常に体系的に紐解いており、VCという職業への理解が深まります。VCと関わる起業家にもおすすめです。


財務マネジメントの基本と原則

財務マネジメントの基本と原則

企業経営に欠かせない財務について、財務諸表の着目点を構造化してわかりやすく説明した本です。数字を見てどのように意思決定をするべきか、その基本が学べます。財務諸表を見たこともない、という方には少し早いかもしれませんが、経営者の勘所のようなものがおぼろげにわかって良かったです。


ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

Googleの人事のトップとして活躍したラズロ・ボックの本です。メルカリCEOの山田さんがテレビでお薦めしてました。人事という仕事は人の採用をするだけでなく、人材の育成や評価を通じて会社全体の生産性を左右するのだということを実感しました。そしてそのすべての施策がデータや実験によって裏付けされているというアプローチの仕方にも唸らざるを得ない本でしたね。


考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

情報をいかに整理してストレートに伝えるか、そのお作法を学ぶ古典です。プレゼンを作ったり話を伝えるのが下手すぎて上司に紹介していただきました。新卒の人なんかにおすすめです。(僕これでも四年目だけどw)


技術書

他にも何冊か読んだんですが、数が少ないのは反省してます。


SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

エンジニアのための教養書・自己啓発本でした。流行っていましたね。不動産投資など鵜呑みにできないこともありますが、網羅的に書かれており為になりました。


Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理

Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理

Pythonでデータ分析をするためのパッケージ、NympyやPandasについて学べました。久しぶりに新しい技術が身についたな、という実感があり、仕事にも活かせてよかったです。これができたので次は機械学習からのDeep Learningですね。(流行からちと遅いけど)


何度も読み返しているグロースハックの教本です。本当にわかりやすくおすすめです。

英語

Oxford Picture Dictionary: English/ Japanese

Oxford Picture Dictionary: English/ Japanese

日常生活でよく見るもの、使うものを場面(例えば学校、キッチンなど)ごとに切り取り、英単語と日本語を示した本です。海外で生活していたら絶対使うのに、学校では習わない語彙が満載なのでおすすめです。


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

英会話のための瞬発力を培う本です。載っている英語表現はどれも基本的なものなのですが、今年は海外の人とのコミュニケーションも多かったので、頭を慣らすのによかったです。


今年はビジネス書や仕事を通してコンサルティングに役立つ考え方の基本を身につけられたのが収穫でした。データ分析と組み合わせてより良い仕事ができるようになってきたかな?